生まれつきと思っていた腕のぶつぶつが皮膚病と知り皮膚科を受診しました。

右腕にのぶつぶつが気になり始めたのは高校生の頃でした。

一年中出ているのに痛くも痒くも無いのでほったらかしていました。

社会人になって同僚から「ノースリーブはみっともないよ」と言われ気にするようになりましたが如何したら良いのかわかりません。

気にはなってはいましたがきっと生まれつきだと思ってなるべく腕の出ない洋服を着るようにしていました。

最近になっていい対処法がないかとネットで検索しびっくりしました。

「毛孔角化症」と言う皮膚病だと知り驚きです。

それにぶつぶつ専用の治療薬がある事も知ってまたまたびっくりです。

もっと早く調べればよかったと後悔しています。

ぶつぶつが無くなっておしゃれが出来るようになりたいので早速皮膚科を受診しました。

軟こうを処方されまだ使用して間がないので効果はわかりませんが何となく腕のぶつぶつが小さくなったような気がします。

早く皆んなと同じように夏の暑い日は腕を出せる洋服が着たいなあと思っています。

生まれつきと思っていた腕のぶつぶつが皮膚病と知り皮膚科を受診しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください